2017年1月17日火曜日

昔Mac miniでやらかした話(前編)


卒研執筆してるときに研究室のMac miniでやらかした時の話です.
hatena blogにまとめていた内容を再編集してます.
-------

こんにちは。
研究室のMac miniでやらかしました。

研究室に配属になったときに買ってもらったMac mini(mid2011かLate2011だった気がする)



Officeを一緒に頼み忘れたという理由でほぼ1年近く触ってない状態だったんだけど、院生にもなるし、研究室の運営状態がなんとなくわかってきたので、このMac miniにもWindowsをBootcampしよう!とこの間作業を開始したのです。

Bootcampをやるとどういう作業になるかは省くけど、Windows用のパーティションを作らなければならないわけです。

しかしながら…何故か初期化できないエラーが(泣)
何度やり直してもだめだし、3回目くらいにはカーネルパニックが!(´・ω・`)
もう心折れて、「あんまデータ入ってないし再セットアップするか…」となりリカバリーモードを起動。

それがこれからやらかす前兆だったのです…


リカバリーモードを試みた私。
Mac OS XのLionからはOSのリカバリー領域から起動するにはCommand+Rキーを押しながら起動すればいいらしい。
(Snow LeopardまではリカバリーUSBついてたし、Option押しながらの起動であった。)

押しながら起動すると無事にOS X ユーティリティを開くことができた。


  図1:OS Xユーティリティ(Apple公式ページより)

再インストールの方法を調べていると、このままOSのインストールをするとOSのおかしいところの修正をするだけらしい。
それじゃHDDフォーマットしてからやればいいんだと楽観視!!
フォーマットしてからOS Xをインストールすることに…

OS Xのインストール用のデータはネットからダウンロードするらしい。
大体30分程度とのこと。
ウィザードに従ってダウンロード完了待ちの状態に。
.
.
.
なんか「追加コンポーネントがダウンロードできません」とか出てきたんだけど…。
おかしいなと思いつつ再起動してやり直せ!と再起動してみた。
再度リカバリー領域からの起動を試みてみると…

 
図2:Apple 6002Fエラー

なんか道路標識みたいのが出てきたよ!困った\(^o^)/
ということで早速ぐぐってみることに。
.
.
.
公式サポートが出てこねぇよヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
んで、英語のページとかを含めいろいろ調べてみた結果、空のHDDにMAC OS Xをクリーンインストールしようとするときに起こる症状らしい。
確かにHDDのフォーマットしたし、納得である。

ということで、この状態で心が折れたらいらいは、そっと電源を切り、現実逃避走った。
自分のMBAでなく、ほとんどデータの入っていないMac miniで良かったと安堵しながら。
しかし、これはMac mini復活大作戦のほんの序章に過ぎになかったのである。

--本編ここまで--
というわけで、卒研のファイルとかかてきょのファイルとかいろいろはいってる自分のMBAがこうならなくてほんとによかったと安心しております。
後編で書こうと思っているのですが、その日から怖くて研究室の余ってるHDDを頂いてTime Machineでバックアップ取っております。
ただ、外付けHDDでTime Machineを使うと常にケーブルを繋いでいないといけないという制約があるため、ついにこれを買いました!



詳細はAmazonのページで見てくださいな。
家に帰って無線LAN繋げるだけでバックアップしてくれるとかまじ心強い。


今回はここまで。
6002Fエラーで困ってる方が要らしたら是非情報交換しましょう。
やらかした(泣)後編ではMacならでは苦労みたいなものをうまく書けたらなと思います。

それではまたの機会に!

0 件のコメント:

コメントを投稿